カットフルーツの売り場作りをトータルでご提案します

20年以上培った経験から、品質の良い商品を全国に安定出荷

カットパインから旬の商品まで幅広く提案し、売上・利益に貢献

カットフルーツ売り場によくあるお困りごと

  • 朝の品出しでフルーツのカットが間に合っていない
  • 売り場に季節の変化がなく単調になってしまっている
  • 何をおけばよいかわからず、とりあえずカットパインばかり
  • 「旬」や「トレンド」を意識したラインナップまで手が回らない
  • カットフルーツ売り場の利益率が低い
  • 他店にはない商品をおきたい
  • 早めに仕入れたい商品がある

1つでも当てはまるお客様は
丸西産業にご相談下さい

売り場作りに貢献できる3つの理由

丸西産業はカットフルーツ出荷量が月産75万パックと業界トップクラスです。
これまで全国各地の小売店に商品提案をしてきたノウハウで、売り場の利益向上に貢献します。

Reason01

独自仕入れルートで多様なカットフルーツを提供

国内・国外ともに独自のフルーツ調達ルートを確保しており、季節に合わせたフルーツやトレンドものを商品化することが可能です。また、大手輸入商社とタッグを組み、原体と連動したパッケージ商品を提供し、販促活動をサポートします。

Reason02

店舗に合わせた売り場の構成を提案

幅広いラインナップを持ち、店舗規模に合わせた納品をしていくことで、売場の利益を上げるご提案をいたします。 様々な情報や幅広いノウハウをもとに、商品構成のご提案や季節性に合わせて商品開発に向けたご提案など、あらゆる角度から売り場をサポートし、利益最大化のための改善提案を行います。

Reason03

専用の自社工場で小回りの効く体制

カットフルーツ加工専用の自社工場を完備しており、お客様のご要望に対応できるよう様々なラインナップをもっております。他店との差別化ができるアソート品やあらゆる単価の商品をご用意可能です。また、お客様の要望に柔軟に対応できる体制を取っているので、スピード感を持った製造が可能です。

魅力的なカットフルーツ売り場を
作る3つのポイント

  • ・フルーツ売り場のマンネリ化に困っている
  • ・カットフルーツを広げたいが人手が足りない
  • ・売れる商品や構成がわからず、ロスが多い

カットフルーツ商品例

カットフルーツ製品をご紹介します。掲載しているものは一例ですので、お客様のご要望により果実の組み合わせ・単価・容器などは調整することが可能です。

パイナップル

売上の軸となる商品です。通常のパック品はじめロングライフのスタンドパック商品も品揃えあります。また高単価の「高熟系パイン」や「台湾パイン」のアウトパックもご提案可能です。
産地:フィリピン・台湾・他

パインブロック(中)

パインブロック(大)

パイン(スタンドパック)

高熟度パインブロック

台湾パインブロック

輸入単品商品

近年パインに次ぐ売場の軸になってきている「輸入メロン」をはじめ、カットフルーツとしては珍しい「レッドパパイヤ」や、輸入すいかのカットフルーツもご提案可能です。 また一部商品で輸入単品のロングライフスタンドパックもご提案可能です。

赤肉メロンブロック

メロンミックス

レッドパパイヤ

輸入すいかブロック

ぶどう(スタンドパック)

国産単品商品

自社仕入のりんごや梨をはじめ、1年間その時期に採れる国産果実の単品商品をご提案可能です。特にメロンやすいかなどは1玉購入すると価格も量も多いので、少量でごみが少ないブロック規格が人気です。また最近では、りんご等のロングライフスタンドパックも取り揃えております。

国産柑橘

すいかブロック

国産青肉メロンブロック

カットりんご

りんご(スタンドパック)

ミックス商品

多彩な商品ラインナップのご提案が可能です。ベーシックな輸入品中心のバリエ商品や「旬」を取り入れたミックスのご提案も可能です。また売場の配置に合わせた側面訴求商品もご用意しております。催事時期にご提案できる商品も取り揃えております。

旬のフルーツミックス

フルーツミックス

季節の国産果実

ミックスバリエ

いちご・ぶどうミックス

オードブル

導入事例

カットフルーツ売り場を赤字から黒字へ

お客様のお困りごと

大手総合スーパーの仕入れ担当者様より、「果実売り場が単調化しており、利益が取れていない。カットフルーツにも力を入れたいがどうすればよいかわからない。」というお悩みを伺いました。

丸西産業の取り組み

「輸入メロン」や「旬果実」をミックスした商品の活用と、季節ごとの単品を強化販売し、売場に変化をつけるように提案し、他社様の事例やトレンドを取り入れた商品をご紹介していきました。
また、量販店のバイヤー様と一緒に売り場の構成や、商品の陳列数、販売分析も行い、その結果、不調であった商品の入れ替えを提案したり、198円に固執したミックス品の構成を、単価を298円ラインと398円ラインに再構築するなど、数年をかけてカットフルーツ売り場の改善に取り組みました。

結果

これまで利益が出せていなかったカットフルーツ売り場のラインナップ・陳列・単価などを大きく変更することで、3年間で利益率を-5%から9%へと向上させることに成功いたしました。商品だけではなく、売り場全体の提案をさせていただくことで、単調な売り場から、季節に寄って変化のある売り場へと変えることができました。

店舗でのカット加工負担を軽減

お客様のお困りごと

首都圏に展開するスーパーの仕入れ担当者様より、「カットフルーツ売り場はあるものの、人手不足で開店時間までに店舗での加工が間に合わず、一番販売しやすい開店直後~午前中の時間に商品が陳列されていないことがしばしばある」との相談がありました。

丸西産業の取り組み

店舗での加工がどうしても午前中に間に合わないことで機会損失につながっていました。そこで、丸西産業のカットフルーツと、店舗様で販売している商品の梱包資材を連動した商品提案を行い、朝イチ用として納品しました。従業員の方は朝届いた商品を並べるだけなので、店舗での加工が間に合わない問題を解決いたしました。

結果

従業員の方の負担が軽減されるとともに、開店~午前中に売場がスカスカという状況は改善され、特に朝一の買い物客への販売が促進され、フルーツ売り場全体の売上アップに繋がりました。

お客様の声

以前の取引先よりも
高いクオリティで販売できる

カットフルーツの品揃えが少ない・陳列も単調で売場に隙間が目立つ状況が続いていたので、丸西産業の商品を取り入れました。担当の方は、季節・イベント毎にアイテム提案をしてくれ、アソートの数も過去の販売数にあわせて適正にしてくれるので、以前の取引先よりも高いクオリティでカットフルーツが販売できています。

小売店 
青果仕入れ担当者 様

カットフルーツの販売動向を
共有し、商品開発ができた

以前はカットフルーツ売り場の構成をどうすればよいかわからず、旬や季節ごとの新商品作りが後手に回ってしまいがちでした。丸西産業の担当者さんは当社と販売動向を共有し、いろいろな角度で提案をしてくれます。商品開発協議も共通認識を持った上で行えるので、スムーズに進められ、頼りにしています。

大手スーパー 
仕入れ担当者 様

カットフルーツ事業に関する仕入れや
ご相談は下記までご連絡ください。

0265-48-6140 受付時間 平日 08:30-17:30